比較的安く利用できる

ダイエットサプリ

医師以外からもサポートしてくれる

ダイエット目的で病院での肥満外来を希望される方でその費用を気にされる人が少なくありません。病院などによって料金が異なっているものの相場としては平均して1か月1000円ほどで、長くても1年間利用されることが多いです。エステでは1か月数万円とかかるため1か月1000円という料金は非常に安いと感じられて逆に抵抗感を抱く人もいるかもしれません。しかし、美容整形外科のように美容目的ではなく、健康維持・病気予防改善のための治療行為としてのダイエットとなります。治療であるため公的な医療保険が適応されるため1か月1000円ほどという料金で受けることができるのです。また脂肪吸引や脂肪溶解注射といった類はあまり利用されず、血液検査などの精密検査のデータに基づいて医師を中心に栄養士や心理士などと協力してプログラムが組まれるわけです。大掛かりな手術などが施されないため、1か月平均で1000円という相場となります。ただし、この料金は一般的なもので受診者のなかには医薬品や漢方薬を併用する必要が出てくるケースもあります。その分が料金に上乗せされることもありますが、こちらも保険が適応させることが多いため高額になることはありません。一方、経過観測によってプログラムを変える必要があるため、多くの病院では月に一度の通院することとなるため、病院までも交通費などを考慮する必要があります。年々肥満外来は増えているものの、まだまだ数が少ないため自宅から遠い病院に通う人も少なくなく、交通費の方で費用がかかることもあります。

病院の肥満外来では医師の指導の下でプログラムが組まれることとなりますが、医師以外のいろいろな人のサポートも受けることが多いです。まず多いのが管理栄養士で、医師の診断や普段の食生活を考慮して、ダイエットに必要な栄養素を補うようなメニュー、カロリー摂取を抑えるようなメニューなどの提案がされていきます。特に肥満外来に受診される人の多くはすでに独学によるダイエットをしている人が多いですが、その多くは間違った方法を取っており栄養バランスの偏った食生活をしていることがあります。栄養バランスが乱れると新陳代謝が低下したり、意欲の低下することで痩せにくくなるため、栄養士による食生活の改善は不可欠なのです。そして、健康運動指導士による運動指導や運動療法が施されます。一般的にダイエットの運動というと有酸素運動で脂肪燃焼させるためのジョギングをイメージされることが多いですが、ジョギングは体重が膝や股関節にかかるため肥満の人には不向きなことが多いです。また、生活習慣や栄養バランスの乱れによって、筋肉が低下していることもあり、有酸素運動よりも筋トレをメインに行うケースもあります。そして、ダイエットの最大の敵が途中で断念してしまうことで、継続することが何よりも大切です。そこで病院の肥満外来によっては臨床心理士のカウンセリングを設けているところもあり、心のサポートをすることで成功するまで断念しないよう導いていきます。このように、病院の肥満外来では医師だけではなくいろんな人々のサポートによって、肥満解消に繋げているのです。